受験生のための新生活準備ナビ powered by SUUMO
受験生のための新生活準備ナビTOP > 新生活の部屋探しマニュアル
学生マンション・学生会館など、学生の一人暮らしの部屋を探せるパンフレットを、希望進学エリアと性別に合わせて無料プレゼント!各社の特徴や設備を知って、自分にぴったりの部屋を見つけよう。日々、受験勉強で忙しい受験生も、効率よく新生活の準備ができます。受験生をもつ保護者の方にもオススメです。
※パンフレットの発送は、発行後、順次各社から直接となります。あらかじめご了承ください
今すぐ申し込む

新生活の部屋探しマニュアル

快適な新生活を送るためには、自分の満足のいく部屋を選ぶことがとても重要です。受験生のうちから、
どのようにして新生活のための部屋探しを進めていけばよいのかを知っておくと、後であわてずに済みます。

新生活のための部屋探しの手順

1. 探す部屋の条件を整理する
背の高い本棚や家具は収納力は高いですが、部屋の圧迫感が増します。自分の腰より低い家具でそろえることにより、部屋を広く見せることができます。
2. 条件に合う物件の情報収集をする
賃貸情報誌や、インターネットを活用して情報を収集しましょう。インターネットは様々な条件から検索できて良いのですが、地域別、沿線別に探したいときには一覧性に優れている賃貸情報誌も便利でしょう。
3. 不動産会社に連絡をする
集めた情報から、実際に見てみたいと思う物件を選び、その物件を扱っている不動産会社に電話やメールで連絡を取りましょう。エリアや間取りタイプなど自分の希望に近い物件を多く扱っている会社を選んでおくと、自分が探し出した情報以外にも、希望に合う物件を紹介してもらえる可能性があります。
4. 不動産会社に行って物件の下見をする
不動産会社に行ったらその日に見る物件を選びます。一度にあまりたくさんの物件を見ると混乱するので一日3件以内にするのがよいでしょう。下見の際には、メジャーで部屋の高さや奥行きを測っておくと後で家具類を置くときに役に立ちます。室内では、設備、収納、広さ・高さ、防音、日あたり、コンセントの位置や数、敷地内ではゴミ置き場や、自転車置き場の位置、侵入しやすそうな場所がないかなどをチェックします。駅までの所要時間やスーパーや商店街、公共施設の位置など周囲の環境も必ず調べておきましょう。特に女性の場合は駅との間に人気が少なく、死角になるような場所はないかなど防犯・安全面でのチェックを慎重に行う必要があります。
5. 申し込み・賃貸契約をする
気に入った部屋が見つかったら、不動産会社に「入居申込書」を提出します。この時に連帯保証人のプロフィールが必要な場合が多いので、連帯保証人は早めに見つけておきましょう。早ければ2 日、遅くても10 日間以内で入居審査結果が出るはずなので、この間に契約時に必要な書類を準備しておきましょう。住民票、自分の印鑑と保証人の印鑑(実印と印鑑証明書)、連帯保証人承諾書などが必要になります。また契約時にはさまざまな費用を払わなければなりません。一般的には礼金、敷金、仲介手数料、前家賃などで、大体家賃の6 か月分が目安だといわれていますが、最近では敷金・礼金が1カ月分とかゼロという物件もあります。契約するときは、宅地建物取引主任者による重要事項説明があるので、もし内容に分からない点や言葉があったら恥ずかしがらずに質問しましょう。賃貸借契約書にじっくり目を通すのも最低限の常識です。納得したら契約書に署名・捺印をして費用を支払います。これでいよいよ新生活への第一歩を踏み出します。

人気エリアに住みたい

新生活で上京するなら、やっぱり人気のエリアで新生活を!と考えている受験生も多いことでしょう。しかし人気のあるエリアはそれなりに競争率も高く、家賃も高めです。人気エリアを攻略するためのポイントを紹介しましょう。

東京の人気エリアは?
東京で、地方から来る受験生に特に人気の高い沿線は、新宿駅や渋谷駅といった大きなターミナル駅が拠点となっているところが多いです。理由としては、乗り換えがしやすく、通学はもちろん、買い物やアルバイト、遊びに行くのにも非常に便利で、東京で新生活を始めるにはぴったりの場所といえるからです。またそれぞれの沿線にはテレビや雑誌等でよく取り上げられるような人気の街もあり、地方の受験生たちが憧れるのも無理がないといえるでしょう。

人気のエリアで部屋を探すには
当然これらの人気エリアは競争率が高く、家賃も比較的高めです。割安な物件に空きが出ることはあまりなく、仮に空き部屋が出てもすぐ次の人に契約されてしまいます。そのため、こまめに物件をチェックし、良い物件があれば、すぐに下見に行って契約するしかないのですが、遠隔地に住んでいる場合はそうもいきません。そういう場合は希望エリアの物件を多く扱っている不動産会社を早いうちからチェックし、資料請求をするとともに、自分の希望条件をしっかりと伝えておきましょう。そうすれば資料に気に入る物件がなくても、後から良い物件を紹介してもらえる可能性があります。何はともあれ、人気エリアに住みたい場合にはとにかく早めの対策が大切です。

また人気駅の周辺はどうしても家賃が高くなってしまうため、限られた予算内で人気エリアに住むためには、人気の駅から1駅ずらしてみたり、駅から多少歩く物件やバス便に変えてみるなどの方法があります。またどうしても場所が譲れないのなら、多少築年数が経ってる物件を選ぶという手もあります。外観は古くても中は新築のようにきれいな場合もあり、古い物件ならではの和のテイストを生かした部屋の装飾も楽しめます。


無料でもらえる!部屋探しパンフレット
学生マンション・学生会館などのパンフレットを、希望進学エリアと性別に合わせて無料でプレゼント中。さっそく申し込んで、部屋探しの準備を始めよう!無料でもらえるから受験生にも、受験生をもつ保護者の方にもオススメです。
※パンフレットの発送は、発行後、順次各社から直接となります。あらかじめご了承ください
パンフレットをもらう

賃貸はフォレント受験生のための新生活準備ナビTOP新生活の部屋探しマニュアル新生活準備問い合わせ

Copyright RECRUIT CO.,LTD.